女性医師によるアートメイク

ドクターズ アートメイクラボ byメディカルメイク総合研究所
 

Q.マイクロピグメンテーション(以下、MP)はタトゥ(入れ墨)とは違うのですか?
A.違います。MPはタトゥから発展したアートメイクではありますが、色素を着色する皮膚の深さが違うのです。皮膚は、表面から順に表皮、真皮、皮下組織の3つの層に分かれています。タトゥは真皮に着色をするのですが、MPは表皮のごく浅い部分(皮下の約1.0mm前後)に着色します。

Q.肌に針を刺すということは、痛みがあるのですか?
A.他のアートメイクサロンでは、麻酔を使用できるスタッフ(医師)がいないため、施術には痛みを伴います。しかし、当研究所には、麻酔のプロであるDr.Kanako(当所長、主任研究員)が在籍しているため、MP専用の鎮痛剤を使用し、【無痛】で施術を受けていただけます。

Q.施術したら、一生消えませんか?
A.MPは表皮のごく浅い部分に着色するため、【数ヶ月~数年】で消えるように入れられます。また、リタッチ(修正)も可能です。これがMPの最大の特徴です。

Q.肌が弱いのですが、施術できますか?
A.お気軽に一度ご相談ください。お客さまの肌や体調の状態を見て、施術をするか否かを話し合っていければと考えております。当所長のDr.Kanakoは確かな医療知識を持つ、現役医師ですので、安心してご相談ください。

Q.男性でもできますか?
A.もちろんできます。お客さまには男性も多く、年齢もさまざま。眉毛やインサイドライン、ホワイトラインなどが人気です。

Q.年齢制限はありますか?
A.18歳以下の方は、心身共に成長段階ですので、取れにくい色素の着色は彼らの将来に影響を与えてしまいます。ただし、例外として、火傷、外傷によるカモフラージュのための施術は行うことがあります。

Q.ある病気の治療中なのですが、施術できますか?
A.まずは一度ご相談ください。当研究所所長のDr.Kanakoは確かな医療知識を持つ、現役医師ですので、必要な場合は検査などを行い、MPを施術できるかどうか診断させていただきます。

Q.料金が高いのでは…?
A.当研究所は、MPをおしゃれや美容のためにご利用いただくだけでなく、病気やケガによる副作用や傷跡にコンプレックスを持っていらっしゃる方たちにも、ぜひご利用いただきたいと切に願っております。
 そのために、当研究所の施術料金は若干高く設定させていただいております(ただし、他サロンと同程度の料金です)。それは、病気やケガのコンプレックスを持っていらっしゃる方たちに、実費のみの安価な請求で施術させていただくためです。お客さまにおかれましては、ご協力、ご支援いただけますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。

Q.一度の施術でどれくらいの時間がかかりますか?
A.施術内容にもよりますが、たとえば眉毛(両眉)の施術で、約2時間ほど要します。

Q.施術後は、数日外出禁止になりますか?
A.いいえ、施術後すぐに外出なさっても問題ありません。施術後はアフターケアさせていただいておりますし、MP専用の鎮痛剤も使用しております。このように万全のケアをさせていただいておりますが、万が一、施術部位が腫れたり、かぶれたり、何らかのトラブルに見舞われた際には、すぐご相談ください。

▲ページの一番上に戻る